活動報告

>安倍政権にレッドカード!
>3・3 女の平和
>ピースアクションみやぎ2017に、参加してきました〜〜!

「まつもと のりこ」さんが撮影してくださった動画です。

シェアさせていただきました。ありがとうございます。

活動報告

3.3ピースアクションみやぎに参加しました。快晴ながら冷たい強風のなか、「赤色」を身につけたたくさんの女性のみなさんの熱気に溢れていました。共謀罪を許さない、自衛隊員の命を守れ、野党は共闘、レッドカード安倍政権と、大きな輪になってアピールとパレード。

活動報告

今日(26日)は岩手県宮古市です。いまからバスに乗って盛岡駅に向かいます。

野党+市民 力あわせ未来ひらくつどいが開かれ、「希望郷みやこ」の野党共闘の会から、多くの県議や市議の皆さんが参加。また、山口副市長、商工会議所会頭、建設業協会宮古支部事務長、県漁民組合組合長など地域のリーダーの皆さまも。

「復興と暮らしの再建を力強いものに」「平和と民主主義が生きる日本を一緒につくろう!」と、勇気がわきあがる集いでした

東日本大震災、大津波で甚大な被害をうけた宮古漁港や商店街、災害公営住宅などを視察。毎年開催されている「カニ祭」は、冬のビックイベントです。多くのお客さんで賑わい、再建への強い願いを感じています

活動報告

今日は(19日)秋田県です。県党会議で決意表明。来賓としてはじめて、野党と市民団体の皆さんが出席されました。民進党の沼谷県議、社民党の石川県議、秋田立憲ネットから秋田大学の進藤教授がご挨拶されました

参議院選挙では悔しい思いをしたが、アベ政権倒そう!安保法制廃止の私たちの運動に確信を持って、前に進もう!と明るく活気溢れる会議です。

土日に東北各県をまわっていますが、それぞれの地域で、粘り強い共闘への努力を感じることができます。政治を変えようこの東北から。

活動報告

昨日(12日)は岩手県党会議。来賓として達増知事が参加されご挨拶をいただきました!民進党、自由党、社民党の野党3党の方々からも心のこもった力強いご挨拶に、野党共闘、国民共闘で政治を変えよう!と決意新たに。
迫力ある参加者全員での団結ガンバロウ。さすが「野党共闘の源流」といわれる岩手県です!
写真がないのが残念ですが、マスコミも多数詰めかけていました☺
一旦、仙台でご挨拶に戻ったあと、大崎市の小沢和悦市議の市政報告会と新春のつどい✨
元大崎市議会議長さんはじめ、地元経済界の方々、町内会長、老人クラブ会長さんなど幅広い皆さんが参加。さすが副議長を勤め、TPP反対、暮らし守れの地域ぐるみの運動の先頭にたってきた小沢さんです✨
土日は新幹線で北に南に急ぎ足ですが、元気にがんばっています☺
さあ、今週は市議会へ。(ふなやま由美)

 

今日(11日)は福島県へ。高橋千鶴子衆議院議員、岩渕友参議院議員と一緒でした!昨年の夏の参議院選挙で、野党統一候補を勝利させ、岩渕友議員を国会に送り出した福島の皆さん、とても元気です。
原発事故でいまだ8万人を超える県民が避難し、原発事故関連死は2100人を超える。3月末に迫った自主避難者への住宅支援の打ちきり、避難指示解除、賠償打ちきりなど深刻な問題に直面しています。福島きりすて許さない!原発なくすため奮闘しようと決意を固めあいました。(ふなやま由美)

わたしの思い

「すべての人が幸せになれる社会をつくりたい」

ふなやま由美

「市議から国政に出ようと決意したのは」

国民のいのちと暮らしをないがしろにする
安倍政権を終わらせたいと思ったからです。
南スーダンPKOに派遣されている自衛隊
に安保法制の下で「駆け付け警護」など危険
な任務が実施可能となった日、私は国政への
挑戦を表明しました。東日本大震災で救護救
助の先頭で頑張ってくれた東北方面隊の戦争
で命を落とし、他国の人命を奪うことがあっ
ては決してなりません。憲法9条の立場によ
る人道支援こそ日本が行うべき行動です。
いのちの平等を保障する社会保障や労働法
制の大改悪を許しません。憲法を何としても
守り抜きます。

「東北を元気に!復興と再生に全力投球」

私は宮城県の農家で生まれ育ちました。豊
かに広がる田園風景、キラキラと輝く海岸、
深呼吸したくなる山の緑など自然豊かで、人
情味あふれる東北は私の誇りです。
今、東北の人々は、人口減少・地域経済の
疲弊に加え、東日本大震災と福島第一原発事
故で、二重、三重にも苦しめられています。
原発再稼働に固執し、原発輸出を経済政策に
掲げる安倍政権はゆるせません。原発再稼働
を許さず、原発をゼロにし、東北の豊かな自
然を活用した再生可能エネルギーヘの転換を
進めます。
東日本大震災の被災から懸命に立ち上がろ
うとする人々を苦しめる支援の打ち切りを許
さず、生業と暮らしの復興・再建に全力を尽
くします。

「国会にいったら」

私は高校2年の時に、難病(筋ジストロ
フィー)の父親を病気で亡くし、母の苦労を
みて育ちました。
命を守る仕事につきたいと保健師・看護師
として医療の現場で働きました。経済的な困
難から「もう生きていけない」と苦しむ市民
の相談に市議として寄り添ってきました。
「命が何より大事」「誰もがその入らしく、
輝いて生きる社会をつくりたい」これが私の
原点です。
私は現場に足を運び、首長や自治体関係者
はもちろん、住民の方から直接お話を聞いて、
「生」の声を国政にぶつけます。
東北2議席の実現で、国民の声が生きる新
しい政治の扉をひらく決意です。ぜひ、国会
に押し上げてください。

プロフィールへ