連日、みなさんから激励をいただいています!

ふなやま由美は、街頭での宣伝や小集会、演説会などの場で、連日多くのみなさんから「参議院に行って頑張って」「応援するよ」と激励を受け、握手し、日々パワーアップしながら頑張っています。
国民不在の安倍政権を終わらせるため、ぜひ、みなさんの大きな力をお貸しください!

若林区と青葉区で演説会開催!

21日、紙智子参院議員を迎え、仙台市若林区と青葉区で演説会を開催しました。

若林区では福島かずえ県議、庄司あかり市議と、青葉区では遠藤いく子県議の議席を引き継ぐ金田もとる予定候補、花木則彰市議、すげの直子市議、そして新人の松井秀明市議予定候補とともに、私も決意を述べました。

どこの会場も、「みんなで政治を変えよう」という熱気にあふれ、参加者のみなさんからたくさん激励を受けました。

年金削減ゆるせない!若者も高齢者も安心の年金制度を

18日。年金者組合太白支部主権の社会保障を考える太白のつどいに参加。
「年金裁判が日本社会に問いかけるもの」と題して小野寺義象弁護士の講演、消費税に頼らない社会保障の財源の提案について、私から報告させていただきました。
小野寺先生の「年金裁判は憲法25条に息を吹き込む闘い」は、まさにその通り。
「毎月の年金額は5万円程度、そこから介護保険料が天引き。治療代をやっとの思いで捻出している。どうやって暮らせばいいのか」と私も相談をいただいてきました。年金裁判に心から連帯します。
生存権を保障する年金に!みなさんと力あわせ、がんばります。

うれしい出会い!

17日の朝宣伝は長町駅前からスタート!
高すぎる学費の引き下げと給付制奨学金制度、8時間働けば人間らしく暮らせる雇用、青年の未来に戦争も原発もいらない!政治変えようと訴えていたら、ひとりの高校生に握手を求められました。
まっすぐな瞳で「頑張ってください」の言葉にドキドキ。うれしい出来事でした。
夕方はまた長町に。原発も戦争もノー!太白アクションに参加し、元気に歩いてきました。
蛸薬師神社境内のしだれ桜もきれいです。

春爛漫!大河原町でつどい

16日。白石川のほとりの桜並木がきれいな地区集会所で開催した懇談会。万波大河原町議と一緒です。
お弁当を食べ、みなさんと元気に歌を歌った後は、様々な要望や意見をいただきました。
「年金は下がり暮らしはたいへん。さらに消費税が増税されたら、これ以上、どこを節約すればいいのかわからない。中止してほしい。」「兵器爆買いの一方で社会保障きりすては許せない」「自治体による若者名簿の自衛隊への提出は、徴兵制への道につながるのでないか」など怒りが次々に。
「野党共闘をすすめて、ふなやまさんに是非とも頑張ってほしい」など激励のお言葉も。
政治を変えるのは、主権者である国民の力です。みなさんとがっちり握手を交わしました。

泉区と宮城野区で演説会を開催!

 4月14日は、仙台市泉区と宮城野区の二ヵ所で日本共産党演説会を開催。たくさんの方々に参加いただき大成功でした。本当にありがとうございます。 
 泉区では、オープニングに姉歯けい子さん(仙台オペラ協会設立者のおひとりで、宮城女性9条の会呼びかけ人です)の独唱と津軽美枝さんのピアノ演奏。戦争のおろかさ、平和を歌う「死んだ男の残したものは」(谷川俊太郎詩、武満徹作曲)に会場は感動に包まれ、私も涙がこみ上げてきました。
 泉区では中嶋廉県議、ふるくぼ和子市議、宮城野区では大内真理県議と高見のり子市議とともに、私も国政に挑戦する決意のごあいさつ。連続する選挙で市民と野党共闘の勝利、日本共産党の躍進のためにがんばろう!と力がわく演説会でした。

仙台で大演説会 満員御礼、熱気あふれる!

8日、仙台市内で開催された日本共産党の大演説会は、会場いっぱい、多くの立ち見が出るほどの大盛況でした。小池晃書記局長のユーモアいっぱい小気味よい演説に会場は笑いと拍手に包まれました。初めて参加された方からは「聞いていてモヤモヤが晴れてスッキリした」「とても楽しかった」という感想もたくさん。
紙智子参院議員のあと、ふなやま由美予定候補もあいさつ。「憲法9条の立場で平和への道をつくる政治を」「政治は一部の政治家のモノではない。私たちの手に政治を取り戻そう」と熱く訴え、大きな拍手をもらいました。たくさんの市議・県議候補とともに、市民のみなさんと力を合わせて頑張ります。

今年もメーデーは熱く!「安倍政権を退陣に!」

 仙台市内で開催された第89回メーデー中央集会に参加し、ご挨拶してデモ行進しました。今年は1700人のみなさんが参加して「市民と野党の共闘で安倍政権を退陣に追い込もう」と宣言。また、郡和子仙台市長からメッセージも寄せられ、たくさんのみなさんの声も紹介されて、真夏のような暑さのなかで熱い熱いメーデーの一日となりました。
「みんなで力を合わせてガンバロー!」





高橋ちづ子衆院議員とガッチリ握手!緊急街頭演説会

 仙台市内で21日、高橋千鶴子衆院議員、ふなやま由美参院宮城選挙区候補、多くの県議・仙台市議が参加して、街頭演説を行いました。
 高橋議員は、公文書改ざん・隠ぺい、シビリアンコントロールの破壊、セクハラなど問題が相次ぐ国会情勢を底なしの国会崩壊だと批判。野党6党が力を合わせて退陣を迫っていることを強調し「今の状況を許せば、政府が何をやっても許される政治が横行します。国会の危機、民主主義の危機に対し市民と野党が決起し、安倍政権を退陣に追い込みましょう」と訴えました。
 ふなやま候補は、「『命を守りたい』というのが私の信念です。医療、介護、福祉、教育など、憲法で保障された権利が守られる社会を実現するために全力で奮闘します」と決意を訴え、聴衆から大きな声援を受けました。