「仙台駅前お帰りなさい宣伝」

彩子さんと一緒に今夜も仙台駅前に立ちました。
先日の民青の食料支援にも、学生の方々が多数参加しています。
お米や缶詰めを手に「本当に助かります!」
「いつもひとりぼっち。つらかった」と。

あなたは一人じゃない。
悩みがあったら、お気軽に声をかけてください。あなたの力になりたいのです。

学費を急いで半額にしよう。
8時間働けばふつうに暮らせる社会つくろう!
と語りかけています。

「仙台市太白区で宣伝」

支部のみなさんと一緒に仙台市太白区の農村地域へ。
秋の青空の中で気持ちも晴れやか。
収穫した白菜を庭先で作業する80代の女性。「農業を大事にする政治に変えて‼️種苗法改悪を止めてほしい」と自民党農政への怒りが寄せられました。
農業を国の基幹産業にしよう。

「宮城県立美術館存続へ」

県美術館の現地存続が16日発表されました。 美術関係者、大学関係者をはじめ多くの県民のみなさまの運動が県の姿勢を変えさせました。

本当にうれしいです

「仙台市で高橋ちづ子衆院議員と街頭演説」

高橋千鶴子衆議院議員、ふなやま由美比例東北予定候補のそろい踏み宣伝。15日は仙台市。
(✨千鶴子さんとまんまるな笑顔が似ていて、姉妹みたいと言われました✨)
新型コロナ禍から暮らしと命を守ろう。日本学術会議への政治介入をゆるさず自由と民主主義がいきる政治を。
女川原発再稼働は許さない。原発ゼロの政権つくろう‼️
明るい笑顔に出会い元気いっぱい☺️

「石巻市で高橋ちづ子衆院議員と街頭演説」

14日、石巻市で高橋千鶴子衆議院議員、比例東北予定候補ふなやま由美そろい踏みの街頭演説会に、強風の中、約150名の方に参加いただきました。
県民不在で知事が女川原発再稼働への同意した直後だけに、怒りでいっぱい。「勝手に決めるな。住民は同意していない❗
「政権交代し、原発ゼロの新しい政権つくろう‼️」と決意を語り合っています。
女川町からは高野元町議、阿部町議が住民の皆さんと一緒に参加し固い決意こめたグータッチ😊
演説会の後も三浦県議、斉藤市議と一緒に渡波、湊地区で街頭宣伝、しんぶん赤旗を5部拡大とフル回転。
皆さんから政治刷新のために、日本共産党に頑張ってほしい!との声をいただき、身の引き締まる思いです。

「女川原発再稼働同意に抗議します」

東日本大震災から9年8ヶ月の月命日。
宮城県の村井知事は女川原発再稼働に同意を表明した。「被災原発の再稼働同意ははじめて」と全国放送で報道された。
本当に許しがたい‼️
地震が頻繁する地域に立地し、東日本大震災では1000ヵ所以上損傷。福島第一原発と同じ沸騰水型で、事故が発生した際に水蒸気爆発の危険性は否めない。避難計画も問題だらけで実効性がない。
福島の苦しみを忘れたのか😡
高レベル放射性廃棄物の最終処分さえ未確立なのに、核のゴミを生み出してはならない。
日本共産党宮城県委員会と党県議団は厳しく抗議し、脱原発と再生可能エネルギーへの転換を求め記者会見。
政権交代し原発ゼロをすすめよう!

「若者が希望持てる社会を」

夜の街頭宣伝中に政策チラシを握りしめ、じっと立ち止まる青年に出会いました。

気になって声をかけると、ポロポロと涙を流して、「大学4年で就職活動中。オンライン面接で20社が不採用だった。授業もオンラインで友達にも会えない。誰にも相談できない。
本当は教員をめざしていたがそれも叶わぬ夢。

母子家庭のため、自分が働いて奨学金を返さないといけないのに就職できるだろうか。不安で不安でならない」と。

新型コロナ禍で青年学生たちが孤立し苦しんでいます。
対面でしっかりと相談支援・就活支援を行うこと、生活支援と同時に学費を急いで半額にする、返済不用の奨学金に、新卒者を雇用した事業者に支援金出すなど、若者支援はまったなしです。

「宮城県庁前で宣伝行動」

県庁前スタンディングに参加。
9日の市町村長会議に向け連日のアピール行動です。
(7日、 9日12時~13時の予定)
8日、9日は12時~14時県庁市役所前でチラシまき宣伝もあります。
県職員の方や来庁される方が何人も会釈したり、「ごくろうさまです」と声をかけてくれました❗
地元紙の報道でも「再稼働推進の請願を採択した県議会の不支持は72%、県民投票すべき」との意見も寄せられ、多くの県民の願いは原発廃炉です。
村井知事 この声を聴いて‼️

「女川原発再稼働ストップ県内女性議員・元議員有志の会」涌谷町と美里町長要請に参加

党派をこえ62名が参加する女川原発再稼働ストップ県内女性議員・元議員有志の会。
9日の市町村長会議に向け、35自治体の首長訪問をしています。
今日は栗原市、UPZの登米市、涌谷町、美里町へ。私は涌谷町と美里町長要請に参加しました。
両議会では女川原発再稼働反対の意見書が採択されています。
美里町の相澤清一町長は「住民の命と暮らしを守ることが首長の仕事です。福島原発事故の教訓や実効性のない避難計画をみれば、住民の命に関わる原発再稼働にyesとは言えない。反対です。非核平和都市を宣言する町の町長として住民の願いをしっかり伝え、役割を果たしたい」と力強い言葉に感動しました☺️
✨本庁舎には「原子力に依存しない社会を!人間は核と共存できない・核廃絶と脱原発へ」のスローガンが高らかに✨
原発再稼働させないために、思想信条、党派のちがいをこえてみんなで力あわせましょう‼️