【青森県を高レベル放射性廃棄物の最終処分場にしない!】

諏訪元県議の案内で六ヶ所村へ。
核燃料サイクル事業の破綻は明確なのに、原子力規制委員会の事実上の「合格」はありえない。
高レベル放射性廃棄物ガラス固化体は隣にいれば即死するほどの物体。原子力施設が倒壊したら、陸奥湾は死の海に。
知れば知るほど…恐ろしい。
美しい海岸や森林 、自然豊かな環境があふれる下北を目に焼きつけただけに、原発・核燃の存在がいかに私たちの未来にとって、共存できないものかを痛切に感じる。
原発・核燃ノー!
この声をさらに大きく広げよう!

【青森県下北半島へ②】

むつ市のつどい。
核燃・原発いらない住民のたたかい、障がいのある方も安心して暮らせる支援(年金、グループホーム、ケアワーカー)
中国の人権抑圧をどう見るか、野党共闘、政党助成金廃止など
次々と質問が。
新自由主義を脱却し、人の暮らしを大切にする社会をつくりたい!
高橋千鶴子衆議院議員とともに東北比例2議席実現で政治を変える思いを訴えました。

【青森県下北半島へ①】

むつ市の川内地区でつどい。工藤議員と一緒に。「15年前に合併し町がどんどん衰退。診療所(19床)病床をなくさないでほしい」
「地域公共交通を支えてほしい」
つどい後の訪問行動では、
「月4万円の年金でどうやって暮らせという
のか!」
高校廃止計画が出され、若い人がどんどん地域を離れる。何とか地域を元気にしたいとの住民の切実な願いが胸に迫ります。
第一次産業を壊す長年の自民党政治の中で、営林署も廃止され、地場産業であった林業が廃れる。頼みの綱は水産業。もっと力を入れて!の悲鳴が。
漁協組合長さんは「コロナ禍でホタテも半値。貝毒も発生し漁師は本当にたいへん。第一次産業を大切にして」と訴えられました。
浜でホタテ漁の作業中の高齢の方、「貝が死んでいるのがつらい、でも、これが自分の生きる道。必死に働き続けている」と。
地域で安心して暮らせる政治への転換を切実に感じています。

You&MeTube 第7回

7月15日に98周年を迎えた日本共産党。98年もの歴史がある老舗の政党です。どんな政党なの?なんでふなやま由美さんは日本共産党に入党したの?どんな社会を目指してるの?などなど、じっくり語ってもらいました。

仙台で高橋千鶴子議員と街頭宣伝

15日、仙台市の平和ビル前で高橋千鶴子衆議院議員、金田基県議と訴え。豪雨災害支援募金に雨の中にも関わらず駆け寄ってくださる方も。
新型コロナ禍に豪雨と多重災害が襲いかかる中住民の命と暮らしを守りたい。
救援支援に全力を。医療・福祉の減収補填と検査拡充を! 「国民苦難解決の立党の精神」を発揮させ、草の根の力でがんばっている姿を紹介。市民と野党共闘で国民の手に政治を取り戻そう。

市民連合@みやぎの集会であいさつ

11日、仙台市で開かれた「市民連合@みやぎ」の集会は、市民と野党共闘が築き上げた運動に勇気と確信が湧くものになりました。
検温やマスク着用、入場管理などコロナ対策をしての開催です。
利潤追求し公共財まで市場に売り渡す新自由主義でなく、国民の暮らしと命・民主主義が大事にされる社会をつくろう✨
安住淳衆議院議員の講演(オンライン参加)、各党代表のトークの後、県議・市議と一緒に登壇し、スピーチさせていただきました。
みなさんと力あわせて新しい政治をつくる決意です!✨

友さん、由美さんと揃い踏みは最後の青森へ。(高橋ちづ子)

青森県教育長と懇談。共産党の少人数学級の提言を紹介しながら。安藤晴美、松田勝、吉俣洋各県議と。一斉休校で学校が休校になったのは最大でも20日、休みゼロの市町村も4校。6月県議会で教員加配を決めた。定数改善求めていく。先生方に充実した個人の時間あってこそ、子どもたちも伸び伸びと、ね?
 県庁内で岩渕友参議院議員、ふなやま由美東北比例予定候補、さいとう美緒1区予定候補と県庁記者会の皆さんと懇談。東北6県回って要望聞く会やってきて、今日が最後。もし選挙になればどんな訴えを?と聞かれ、コロナで見えたもの、破綻した経済優先の政治を見直そうと。
 青森駅前で、最低賃金210分座り込み行動を激励。210分とは、一律1000円に210円足りないからですって。😭
 国会報告と要望を聞く会。ふなやま由美さん、さいとう美緒さんも挨拶。社労士会政治連盟、タクシー協会、市営バス労組、私教連など、この間質問、政府交渉等で縁のあった団体から要望。他に県労連、民商、生健会等々。
 社労士会政治連盟では、榊会長から、国会での追及もあって雇用調整助成金の手続き簡素化や、上限アップなどの拡充がされ、二次補正以降順調に進んでいるという嬉しい報告。県内タクシー会社は95社、個人タクシー90社、2274台、3500名の運転手。インバウンド、イベント、桜祭りの中止などで激減!タクシー事業継続へ支援を。
 私教連は、県と国会へ繰り返し私学助成を求めてきて、9000名の私学に学ぶ高校生の67%が無償化。経済的理由で退学する生徒はゼロになった、との報告に、拍手。元私学教諭の私も感激。
 他にも、病院の経営悪化、pcr検査、会計年度職員、持続化給付金、休業者支援給付など多数寄せられました。
 国会の頑張りと色んな団体の話が聞けてよかった!という感想が多数寄せられました。
 夕方、青森市新町商店街で、岩渕友参議院議員、ふなやま由美東北比例予定候補、さいとう美緒1区予定候補、吉俣洋県議と街頭演説。大雨被害救援募金にもとりくみました。被災地にまっすぐ届けます!コロナ禍の中での避難所対策質問しました!野党共闘の前進とコロナでは与野党の協力も進めてきました。と、訴えました。
☆☆今日、青森では、東京帰りの開業医と、茨城から青森へ来て派遣型風俗で働いていた女性の感染が発覚。濃厚接触者が多いということで、衝撃と不安を広げています。東京では史上最高の243人と?!基本はみんなマスク、手洗い、三密など対策をしています。検査、をしっかりすることだと思います!
(高橋ちづ子フェイスブックより)

今日も友さん、由美さんと歩く。イン岩手。(高橋ちづ子)

岩渕友参議院議員、ふなやま由美東北比例予定候補と、岩手です。県医療局の熊谷泰樹局長らと懇談。斉藤信県議、吉田恭子県国会事務所長と。なぜ岩手県は感染者ゼロなのか?人口密度が低いから。と知事は答弁したそうですが、もちろんそればかりではありません笑。東日本大震災以来の専門家チームあり!
 もしもの際の医療従事者の宿泊施設を県費で確保、特殊勤務手当看護師らは4000円/日、それ以外300円/日、出入口にサーマルカメラ、慢性疾患患者の電話診療など様々な努力。県内医療機関の1/4担う県立病院と最後の砦岩手医大。しかし!感染者ゼロでも5月は11億8000万円の減収とは😭
 岩手県商工会連合会の熊谷敏裕専務理事らと懇談。毎月の会員企業実態調査について伺いました。相談件数が3月738件→5月1952件と増加。うち43%が持続化給付金。コロナの影響あり82.8%。営業再開しても三密対策で売り上げ減とコスト増。最大の願いは景気回復。やはり消費税減税では?その声も多い、と。
 県内14団体の代表らと懇談。国会報告と現場からの声を聞きました。医療現場は元々人手不足だが、コロナ対応で超過勤務。マスクや防護服など備品も足りず、2週間に5枚?手術衣が足りず手作り?日勤の看護師が夕方コロナ疑い者が入ると検査結果でるまで朝まで勤務?N95マスクを洗って使う。えぇ〜っ?😭
 生活と健康を守る会や県労連の相談活動。派遣切りでいくところない、うつなど深刻な相談。民商から、やや悪いと悪い89%。持続化給付金を退職金代わりという話も聞こえると😭文科省交渉に取り組んだ新婦人。岩手でも、学校統廃合して中高一貫校の動き。今こそ少人数学級大事なのに! (高橋ちづ子フェイスブックより)

秋田で友さん由美さんと!知事とも共感?救援金21000円以上も集まる!(高橋ちづ子)

秋田市内で、岩渕友参議院議員、ふなやま由美東北比例予定候補と、国会報告と要望を聞く会。イージスアショアを止めたのは秋田の運動あってこそ!会場からは、学校、持続化給付金、食糧と環境、ポストコロナ、公的病院再編と医療機関の経営悪化、などなど沢山の質問や要望出され、全力で答えました!
 佐竹敬久秋田県知事を表敬訪問。県内企業がPCR検査の部品を製造し、フランスと取引。国の認可もとったと!イージスアショアは2年間知事も苦しかったでしょう?と私が聞くと、テロ対策を聞いたとき、国民保護法があるからと言われ、こりゃダメだと思ったと。地方をなめるんじゃないよ、ってことですね?
 「やはり食糧大事だね、災害の時も田んぼが守ってくれた。コロナの今もそうだ」と。知事、さっきやった共産党の要望聞く会と同じような意見ですね?と私たち笑。
 最後は、秋田駅前で街頭国会報告ならびに大雨被害救援募金を訴え。なんと30分間で21173円も集まりました!道ゆく人の様子を見ていると、みんな心痛めているのがわかる。。国会ではコロナと避難所対策も質問しました!草の根の党の役割発揮した国会。河井夫妻が起訴!安倍総理が出てくる番です!
(高橋ちづ子フェイスブックより)