4月30日、党県議団とJA宮城中央会へ。高橋会長と懇談

党県議団とJA宮城中央会へ。高橋会長と懇談

TPPや日米FTAなど際限ない自由化、消費税増税、農業基盤が壊されている中のコロナ禍は農業者を苦しめている。

「肉牛はA5が㎏あたり4月で1849円(前年2月比-847円)畜産費を賄えない」消費拡大と生業を支える支援を今こそ思いきってしてほしい。

農林水産業を今こそ国の基幹産業に!コロナ禍を脱グローバル、内需拡大と域内循環型経済への新しい日本の転換点にすべきと、熱く語りあいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です