宮城県山元町で被災調査

県議団(天下みゆき県議、福島かずえ県議、大内まり県議)遠藤町議とともに被災調査。大きな亀裂と家の傾きがあるお宅や、壁が崩落し窓ガラスが割れ外から風が入りこむ中、暮らす高齢の方。
東日本大震災で被災しても再建できない在宅被災者が再度震災にあう複合災害のケースや、
津波被災し移転し再建したが、また被災した方もいます。行政による実態把握と支援が急がれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です