春爛漫!大河原町でつどい

16日。白石川のほとりの桜並木がきれいな地区集会所で開催した懇談会。万波大河原町議と一緒です。
お弁当を食べ、みなさんと元気に歌を歌った後は、様々な要望や意見をいただきました。
「年金は下がり暮らしはたいへん。さらに消費税が増税されたら、これ以上、どこを節約すればいいのかわからない。中止してほしい。」「兵器爆買いの一方で社会保障きりすては許せない」「自治体による若者名簿の自衛隊への提出は、徴兵制への道につながるのでないか」など怒りが次々に。
「野党共闘をすすめて、ふなやまさんに是非とも頑張ってほしい」など激励のお言葉も。
政治を変えるのは、主権者である国民の力です。みなさんとがっちり握手を交わしました。

泉区と宮城野区で演説会を開催!

 4月14日は、仙台市泉区と宮城野区の二ヵ所で日本共産党演説会を開催。たくさんの方々に参加いただき大成功でした。本当にありがとうございます。 
 泉区では、オープニングに姉歯けい子さん(仙台オペラ協会設立者のおひとりで、宮城女性9条の会呼びかけ人です)の独唱と津軽美枝さんのピアノ演奏。戦争のおろかさ、平和を歌う「死んだ男の残したものは」(谷川俊太郎詩、武満徹作曲)に会場は感動に包まれ、私も涙がこみ上げてきました。
 泉区では中嶋廉県議、ふるくぼ和子市議、宮城野区では大内真理県議と高見のり子市議とともに、私も国政に挑戦する決意のごあいさつ。連続する選挙で市民と野党共闘の勝利、日本共産党の躍進のためにがんばろう!と力がわく演説会でした。

仙台で大演説会 満員御礼、熱気あふれる!

8日、仙台市内で開催された日本共産党の大演説会は、会場いっぱい、多くの立ち見が出るほどの大盛況でした。小池晃書記局長のユーモアいっぱい小気味よい演説に会場は笑いと拍手に包まれました。初めて参加された方からは「聞いていてモヤモヤが晴れてスッキリした」「とても楽しかった」という感想もたくさん。
紙智子参院議員のあと、ふなやま由美予定候補もあいさつ。「憲法9条の立場で平和への道をつくる政治を」「政治は一部の政治家のモノではない。私たちの手に政治を取り戻そう」と熱く訴え、大きな拍手をもらいました。たくさんの市議・県議候補とともに、市民のみなさんと力を合わせて頑張ります。

今年もメーデーは熱く!「安倍政権を退陣に!」

 仙台市内で開催された第89回メーデー中央集会に参加し、ご挨拶してデモ行進しました。今年は1700人のみなさんが参加して「市民と野党の共闘で安倍政権を退陣に追い込もう」と宣言。また、郡和子仙台市長からメッセージも寄せられ、たくさんのみなさんの声も紹介されて、真夏のような暑さのなかで熱い熱いメーデーの一日となりました。
「みんなで力を合わせてガンバロー!」





高橋ちづ子衆院議員とガッチリ握手!緊急街頭演説会

 仙台市内で21日、高橋千鶴子衆院議員、ふなやま由美参院宮城選挙区候補、多くの県議・仙台市議が参加して、街頭演説を行いました。
 高橋議員は、公文書改ざん・隠ぺい、シビリアンコントロールの破壊、セクハラなど問題が相次ぐ国会情勢を底なしの国会崩壊だと批判。野党6党が力を合わせて退陣を迫っていることを強調し「今の状況を許せば、政府が何をやっても許される政治が横行します。国会の危機、民主主義の危機に対し市民と野党が決起し、安倍政権を退陣に追い込みましょう」と訴えました。
 ふなやま候補は、「『命を守りたい』というのが私の信念です。医療、介護、福祉、教育など、憲法で保障された権利が守られる社会を実現するために全力で奮闘します」と決意を訴え、聴衆から大きな声援を受けました。

参議院宮城選挙区に ふなやま由美決意

 4月18日 注目の記者会見 「全力で頑張ります!」

 日本共産党宮城県委員会は4月18日、2019年の参院選宮城選挙区(定数1)に、ふなやま由美党県常任委員(新)を擁立すると発表し、県庁で記者会見しました。
 会見で中島康博県委員長は、いま森友・加計学園の問題や防衛省の「日報」隠ぺい問題など、国民の怒りが沸騰するなか、その怒りを共有して、ふなやま候補を先頭に運動を強化・発展させ、参院選では党の目標を達成させたいと語りました。
 中島氏は市民と野党の共闘について、➀共通公約をつくる②相互推薦・支援の共闘を実現させる③政権問題での前向きの合意をつくる、などしっかりとした協議で本格的な共闘の実現をめざすと話しました。
 ふなやま候補は、「国民不在で政治を私物化し、民主主義を破壊する安倍政権を早く終わらせるために立候補を決意した」と述べ、「市民とともにその運動の先頭に立ちたい」と決意を表明しました。
 震災から7年を過ぎても仮設住宅に2800人以上が暮らしていると指摘し、「被災者・県民が、人間らしく生きていける社会をつくるために全力を尽くしたい」と抱負を語りました。(「しんぶん赤旗」4月20日付)

23日、本当に嵐のような闘いだった衆議院選挙。結果を報告しながら、街頭に立ちました。その後、挨拶回りに走っています。市民と野党の共闘をさらに、発展させると同時に、日本共産党を丸ごと有権者の皆さまに知っていただく活動が大事。担い手増やし、足腰を強く、さらなる努力をしていきます。これからも、ご支援よろしくお願いいたします

比例政党カーが岩沼市から出発しました。
中央3丁目・理容はせがわさん前で、比例東北ブロック候補者ふなやま由美さんが熱く訴えました。
今日の仙南での予定は、名取市で2ヶ所の街頭演説。
11時から仙台市太白区ヤマザワ中田店前に移動します。(スタッフ)

総選挙最終日の午後は、仙台市内を回ります

午後のます、はじめは平和ビル前からです。
「平和を願う1票は、日本共産党に。」と
訴えています。(スタッフ)