紙智子参議院議員と仙台市若林区でつどい

今日は紙智子参議院議員が仙台市若林区でつどい。
新型コロナ危機の中、いまの政治を変えたいと思う方が増えています。
25才の青年と農業、種苗法、気候変動のこと、貧困と格差、新自由主義からの転換のこと、利潤第一主義の資本主義をのり越えた先の未来のことなど語りあい。
紙さんは青年時代の自らの党との出会いや苦しみの根っこを変える展望を持つ党の魅力をやさしく語ってくれました。
視界がぱーっと開けるお話です。
「政治を変えるのは私たち市民の力。ともに変えよう」の訴えが心に響きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です