活動報告

3月5日、石巻市のつどいの後は、電車に飛び乗り仙台市太白区緑が丘つどいに。市議団の嵯峨さだ子団長とともに後援会の皆さんと笑顔で挨拶。大震災で緑が丘地域は宅地被害が起きました。粘りづよく住民の話しあいを重ねて、防災集団移転事業を活用して、復興公営住宅に集団移転を行うなど再建のために日本共産党が頑張った地域です。

その後は、大崎市に移動し、鎌内つぎ子市議の春を呼ぶ集いに!とにかく、皆さんがパワフルで明るい憲法守ろう、平和でいい世の中作ろうとお互いにエールを交わしました。古川民主病院の元同僚の皆さんともお会いできて、嬉しかったです

石巻市河南でのつどい。三浦県議、水澤市議と一緒に参加し、ご挨拶させていただきました。東日本大震災から間もなく6年です。仮設住宅にお住まいの方は10629人(2016年12月)です。ピーク時32270人に比べて、3分の1になりましたが、まだまだ生活再建の途上です。暮らしと生業の再建のために、皆さんと力あわせて、がんばる決意を訴えました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です