活動報告

10日、女川町で開かれた集いでは、まちなか交流館に70名近い町民の皆さんにお集まりいただきました。高野町議、阿部町議のお話、三浦県議の県政報告、私は国政めざす決意と、復興支援、憲法生かす政治への転換を訴えました。
女川原発のある町。市民共同発電所建設、原発再稼働を許さない闘いに皆さんとご一緒に頑張ります

高台にある女川病院の1階入口柱に刻まれた津波到達地点の表示を見ながら、18メートルの津波が町をのみこんだ被害の凄まじさを実感しました。
復興公営住宅は完成してもコミュニティなく孤立化する住民。
駅前やマルシェなど、いかにも復興が進んでいるかのように報道されますが、盛土造成工事に時間がかかり、町の再建も住民の暮らしも、復興はまだまだこれから。

9月8日、日本共産党国会議員団福島チームの調査2日目は浪江町で、馬場町長と懇談。今年3月31日に避難指示が町の面積の約2割の地域で解除され、震災前2万1000人のうち、286名の住民が戻り暮らしています。

全村民が避難し、避難先を転々、役場機能は1年半で4回も移動した浪江町。馬場町長は「町が将来に渡り、なくなってしまう危機感」があった中で、帰還の苦渋の決断をしたと。

地域で種苗店を営んでいた住民の方は「戻らなければ何もはじまらない」と地域のお世話役やボランティアの受け入れに頑張っておられました。一番困るのは「生鮮食品を買えないこと、医者にかかれないこと」と話されています。イノシシ、サル、アライグマなどの鳥獣被害も深刻で車のボディを壊される被害も。草が生い茂りハクビシンの住み家になっている空き家の管理も必要。
原発被害の実態を現場でみて、「福島切り捨て」の支援の打ちきりや線引きが自治体も住民も苦しめていると痛感。寄り添う支援が引き続き必要です。

9月7日、日本共産党国会議員団福島チームの調査に参加しています。
衆議院は高橋千鶴子、塩川鉄也、藤野保史の各議員、参議院は岩渕友、山添拓の各議員、神山県議、熊谷智福島5区予定候補と一緒です。

避難指示が解除された葛尾村、川内村の役場で村長はじめ職員の方々、住民のみなさんと懇談。

葛尾村の帰村者は13%。水稲と畜産が基幹産業だった村。震災前120から130haだった水田の作付面積は9、1haにとどまり、優良農地にフレコンバックが山積みされる苦しみが語られました。

川内村は最も早く避難指示解除された地域で約八割の住民が帰村しましたが、病院は郡山まで往復3時間かかる。高齢化で「このまま子ども達を増やせないと村は消滅する」との強い危機感があります。長期的視点での国の財政支援がなければ、とても村を再建できないと村長や教育長が率直に話していただきました。

「原発事故さえなければ、こんな苦しみは味わうことはなかった。俺ら国会でしゃべれない。共産党、頼む。」と涙をためて、訴えてくれた住民の姿が忘れられません。原発廃炉と福島再生をどう取り組むか。待ったなしです。

9月3日、今日は一日、福島県で活動。斎籐ともおき衆議院福島1区予定候補と県議、市議とともに2ヶ所の集いと伊達市で2ヶ所の街頭演説を行いました。福島市蓬莱地域は宮本県議、村山市議、伊達市保原地域は阿部県議、近藤市議、佐藤市議と一緒です。

私の生まれ育った場所が福島県境の丸森町ということもあり、「丸森に親戚いるよ」「ぜひ、憲法守るために頑張ってね」「原発なくそう!」と熱い激励をいただきました。

また街頭演説では、北朝鮮が核実験を行ったという報道をうけ、無法な行為を厳しく糾弾。軍事的緊張を紛争や戦争にさせないために、国際社会が一致協力して北朝鮮を包囲し、経済制裁と直接対話による解決の道を訴えました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です