友さん、由美さんと揃い踏みは最後の青森へ。(高橋ちづ子)

青森県教育長と懇談。共産党の少人数学級の提言を紹介しながら。安藤晴美、松田勝、吉俣洋各県議と。一斉休校で学校が休校になったのは最大でも20日、休みゼロの市町村も4校。6月県議会で教員加配を決めた。定数改善求めていく。先生方に充実した個人の時間あってこそ、子どもたちも伸び伸びと、ね?
 県庁内で岩渕友参議院議員、ふなやま由美東北比例予定候補、さいとう美緒1区予定候補と県庁記者会の皆さんと懇談。東北6県回って要望聞く会やってきて、今日が最後。もし選挙になればどんな訴えを?と聞かれ、コロナで見えたもの、破綻した経済優先の政治を見直そうと。
 青森駅前で、最低賃金210分座り込み行動を激励。210分とは、一律1000円に210円足りないからですって。😭
 国会報告と要望を聞く会。ふなやま由美さん、さいとう美緒さんも挨拶。社労士会政治連盟、タクシー協会、市営バス労組、私教連など、この間質問、政府交渉等で縁のあった団体から要望。他に県労連、民商、生健会等々。
 社労士会政治連盟では、榊会長から、国会での追及もあって雇用調整助成金の手続き簡素化や、上限アップなどの拡充がされ、二次補正以降順調に進んでいるという嬉しい報告。県内タクシー会社は95社、個人タクシー90社、2274台、3500名の運転手。インバウンド、イベント、桜祭りの中止などで激減!タクシー事業継続へ支援を。
 私教連は、県と国会へ繰り返し私学助成を求めてきて、9000名の私学に学ぶ高校生の67%が無償化。経済的理由で退学する生徒はゼロになった、との報告に、拍手。元私学教諭の私も感激。
 他にも、病院の経営悪化、pcr検査、会計年度職員、持続化給付金、休業者支援給付など多数寄せられました。
 国会の頑張りと色んな団体の話が聞けてよかった!という感想が多数寄せられました。
 夕方、青森市新町商店街で、岩渕友参議院議員、ふなやま由美東北比例予定候補、さいとう美緒1区予定候補、吉俣洋県議と街頭演説。大雨被害救援募金にもとりくみました。被災地にまっすぐ届けます!コロナ禍の中での避難所対策質問しました!野党共闘の前進とコロナでは与野党の協力も進めてきました。と、訴えました。
☆☆今日、青森では、東京帰りの開業医と、茨城から青森へ来て派遣型風俗で働いていた女性の感染が発覚。濃厚接触者が多いということで、衝撃と不安を広げています。東京では史上最高の243人と?!基本はみんなマスク、手洗い、三密など対策をしています。検査、をしっかりすることだと思います!
(高橋ちづ子フェイスブックより)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です