【紙智子参院議員と大崎へ】

世界農業遺産にも登録された「大崎耕土」
7日~8日、米どころ大崎市へ紙智子参議院議員と一緒に調査しています。
小沢市議、内藤たかじ6区予定候補とともに。
豊作なのに米価下落で喜べない。
畜産農家は新型コロナで打撃を受け、マルキン制度だけでは経営がなりたたない。
コロナに特化した支援策のねがいが寄せられました。
TPPや日米FTAなど際限ない自由化路線で地域を壊された怒りはとても強い。
地域を守るためには、与党も野党も関係ない。
みんなで力あわせて、担い手が食べていける農業へ転換させる政治つくろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です