「仙台で変異株167件」

5日、仙台市は新型コロナ感染症の陽性者のうち、変異ウイルス「E484K」が167件検出されたことを公表。昨年6月~3月25日まで国立感染症研究所で803件を検査。2月中旬以降にE484K初検出。その時期以降の検体208件のうち80.3%で検出。
イギリスや南アフリカで広がった変異株とは違うタイプで、免疫やワクチン効果を低下させる可能性があると指摘されています。
党仙台市議団は本日開催された市議会災害対策会議で、繁華街検査やスクリーニング検査数の抜本的拡大、変異株検査のゲノム解析数を増やすこと、市衛生研究所でゲノム検査導入や民間機関と連携し検査の対策強化を求めました。
すげの直子幹事長が質疑に立ちました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です