「お困りごとは日本共産党へ」

新型コロナ感染急拡大(人口10万人あたり感染者27.8人)、宮城県沖地震が重なり多くの方々が不安を抱えています。
宮城県は18日~4月11日まで県独自の緊急事態宣言発出し、25日~4月11日まで仙台市内の飲食店に午後9時までの時短要請と一日4万円の協力金支給を発表。
4万円の協力金だけでは足りない!
さらに県内すべての事業者に届く支援策と国は持続化給付金、家賃支援制度等の支援を再度実施すべきです!
昨日も今日も「お困りごとは日本共産党へ」と呼びかけています。
PCR検査もっと実施を!自己負担なしで社会的検査拡充、自粛と補償セットでの支援、被災した方々への公的支援拡充が必要です。今こそ自己責任押しつけでなく暮らし守る政治に変えましょう 。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です